同僚の日系ブラジル人たちとの暖かい交流

ブラジル人同僚との楽しい思い出がたくさんあります。

私は今年で33歳になりますが、20代前半から後半にかけてに三重県に住んでいた時代があります。この話は、28歳の時の職場で接した日系ブラジル人の方々の話になります。

その当時の職場には、日系ブラジル人が多く働いていました。

その会社はパソコンやハードディスクに使う精密な電子部品を作っていたのですが、その精密部品を作る製造現場で働く人らのほぼ8割が日系ブラジル人の男性でした。

日系ブラジル人の女性は、品質管理の仕事をしており、精密部品を顕微鏡で検査したり、社内基準に達しているかを確認するというのが主な仕事でした。

私は品質管理で、不具合品がどのような原因で発生していたのかを調べるチームにいたので、日系人の男性が働く製造の現場にも何度も出向いて作業の確認をしたり、再度発生しないための対策を考え、提案をするという作業もしたり、どのような内容の不具合品が出たのかを調べ、改善する仕事もしていたので、品質管理で働く日系人の女性とも頻繁にやり取りをしていました。

私が仕事に慣れるまでは、文字にしてしまうと伝わらないときもあり、そういった場合は図を書いて説明したり、日本語のわかる方を介して、作業の内容を依頼したりもしました。

慣れてくると、私も片言ながら、ポルトガル語を使って説明できるまでになりました。

私が接した日系ブラジル人の方々の性格として、とてもアットホームであり、とても明るい人が多かったのを思い出します。

そして、責任感は日本人よりもあり、しっかりした仕事をしてくれ、何度も仕事で助けてもらいました。

例えば、ブラジル料理専門店に呼ばれて、忘年会をしたり食事会をしたり。はたまたどこで知ったのかわかりませんが、私の誕生日プレゼントを用意してくれたときには、一人暮らしをしていた自分にとっては、私が子供の頃、両親かや兄弟らお祝いされたときの包み込んでくれるような気持ちにしてくれました。

その誕生日プレゼントは、マンボウのキャラクターの付いたZIPPOと吸殻セット・システム手帳と私の好みのものであったのも嬉しかったです。

実家の都合で仕事を辞めるときに、彼らに会いに行き、報告したときの残念がっていました。

そして、今までお世話になった方々にお礼にハグすることくらいしかできませんでした。

今でももっと別な形のお礼の仕方もあったと思いますが、もし彼らと再会出来るならば、ブラジル料理のお店で食事会でもしてみたいなと思っています。

アメリカのホームステイ先の楽しい思い出

スペイン系移民の息子さん達にからかわれた思い出。

学生の頃、アメリカに語学留学した時の話しです。

当時は、いまほどホームステイ先の情報など入念にチェックせずに送り出してしまう会社も多く、私もその一人でした。

さいわいなことに、ホームステイ先のマザーは良い人でしたし、同じくホームステイで来ていたブラジルの女の子達も明るくて話しやすい子ばかりでした。

食事の準備中、ホストマザーが歌を歌っているので、「あなたシンガーだったのよね?」と私が
声をかけると、目を丸くしてじっと私を見つめるのです。

あれ?英語が通じなかった?と思って、ホストマザーの情報が書かれた、会社発行の紙を見せたらホストマザーが笑い出し、「こんな情報、嘘よ」と言うのです。

今の時代では、ありえないようないい加減な情報に、私も笑うしかなかったです。

ちなみに、ホストマザーは移民の方だったので、母国語はスペイン語。ブラジル人の女の子達はポルトガル語。私は、日本語。とたまにおかしな言葉が飛び交うのですが、なぜか気が合っていると
通じてしまうこの不思議。

ある日、ブラジル人の女の子が、コスメBOXを持ってきて、テーブルいっぱいに広げてくれた日には日本の化粧品メーカーのものばかりで驚いたこともあります。

別の日は、ご近所に住んでる他の移民の方も含めてスペイン語パーティーです。

語学留学で英語習得しに来たのに何で?と思いながら、それもまた楽しい思い出の一つです。

ホストマザーの息子さんが、男友達とパーティーに参加していたのですが、どうやら20才そこそこの私を中学生を勘違いしたらしいのです。

そして、からかい半分に息子さんとその友達が同時に私の両頬にキスをするというハプニングが!これもばっちり写真に収められてしまいました。

後からホストマザーが私の年齢を明かしたところ、たいして年が変わらないことがわかり、「レディーに失礼をしました」と友達と二人で謝ってくれたというおまけつきです。

色んな国で育ち、色んな習慣を持った人との共同生活は驚くこともありましたが、楽しいことがそれを上回るくらいです。

私の人生の中で、留学での経験、外国人との交流はとても貴重な財産になっています。

ドイツ人女性と結婚して娘がいます

ドイツ人女性と結婚して娘もいます

年齢は43歳です。職業はフリーランスで住まいはドイツになります。

東京で仕事をしてた時に海外出張(ドイツ語圏のスイス)が入り、基本的な会話程度を覚えるために会社命令で個人レッスンをお願いしたドイツ語の先生と恋愛に発展しました。

もともとは仕事のための語学学習だったので全然乗り気ではなかったのですが、何度か会ううちに日本人女性には少ない自分を飾らないフランクな感じ、屈託のない笑顔に惹かれ恋に落ちました。

一番の思い出は大晦日のカウントダウンパーティーでの出来事です。

それはとある年に新木場のナイトクラブで行われたカウントダウンパーティーでのこと。私がドイツ人の彼女と飲みながらフロアでキスをしながらおどけていると周りにいた数人の男が入れ替わり立ち替わり寄ってきて「すみません、オレもそこの白人とキスしたいんですけど、どうすればいいですか?」と聞いてくるではないですか。はじめは意味がわからなかったんですが、彼らは私のことをたまたまノリで白人女性にキスをしてる日本人男性だと思ってたようです。なので私が「あの、これオレの彼女だけど…」というとみんな慌ててどこかへ消えていっちゃいました。

結局、日本人男性にとっての欧米の白人女性というのは内面なんてどうでもよくて、見た目がオシャレな単なるおもちゃまたはペット(見せびらかすためだけの存在)と考える人が多いように思います。

彼女とのその後は結婚しまして今年4歳になる娘がおります。

欧米女性と恋愛したいと考えてる時点で必ず失敗します。なぜなら広島出身の女性と恋愛したいと言っているのと同じことなので。

つまり好きになった人がたまたま欧米の人でなければうまくいく訳ありません。なので欧米女性と恋愛したいと思ってる方がおられるならそれは恋愛ではなく人種差別です。まずはそんな貧相な発想しかできない自分を恥ずかしく思い、自分磨きからはじめましょう。そして国籍とか肌の色とかを超えて人を愛することができる自分を手に入れてください。

食事の問題を克服して求婚されたが

イラン人に求婚された体験。

私の友人が、イランの人と交流があったことがありました。その友人は、看護師として病院で働いていて、その病院にはいろいろな外国の人が研修生として働いていたのです。そしてそのイランの男性も、その医師の研修生として、その病院で働いていたのです。

そのため、英語はできたのですが、日本語を話すことができないため、英語で話して一緒に仕事をしていたらしいです。そして一緒に仕事をすることが多くなり、その男性と友人のように、プライベートでも一緒に行動をするようになったのです。

そしてある日、いつものように食事をしようということになって、あるお寿司屋に行ったときのことです。そのイランの医師は、魚介類を食べることができなかったのです。肉は食べることが出来ていたらしいのですが、魚介については、生で食べることができずに困っていたということです。

その時、友人は食事の文化を知らずに、そのお寿司屋に誘ったことを、とても後悔をしたようです。
その後は、お寿司の下の寿司飯は食べることが出来るので、その寿司飯を食べて、時間を過ごしたということでした。

私はその話を聞いたとき、食事のことについては、本当にいろいろな文化があるので、そのことを知らずに誘ってしまうと、相手の外国人に迷惑になってしまうと思ったことでした。私のいろいろな外国人と食事をしたりした時に、そこまで気を使っていないこともあるので、これからは気をつけようと思ったことです。

そしてその後は、ある程度の食に関することが理解できるようになり、その外国人が好きな食事を選択して、でかけるようにしたようです。その事は、そのイランの人と楽しい食事の時間を過ごすためには、とても大切なことであると思っています。

その後は、とても仲よくなり、そのイランの人に結婚を申し込まれたのでした。しかし、文化の違いや、いろいろなことについて、不安があったので、結婚をすることには踏み切れなかったと話していました。

私はその時、結婚をするということは、その人のことをよく知って、その国のことを知って、そこで暮らす事ができるかということを、しっかりと考えないといけないので、なかなか難しいことであると思った事でした。

インド人のお客さんとの交流

インド人と仲良くなった両親は結婚式に招待された。

空港が近くにできたことで、外国の方をよく近くで見かけるようになった頃、親のしているお店にたまたまインド人のお客さん2人が来たようです。

カタコトの日本語だったようですが、そんなお客さんがいたよと親が話してくれました。その頃私はまだ小学生でしたがよく覚えています。

その後、またお店に来てくれたようで、以前の親の対応がすごく気に入ってくれたようで、また、そのインド人の方は近い日にインドへ帰るとわざわざ伝えに来てくれたのです。

思い出にと、一回自宅に呼んでみんな一緒にご飯を食べようということになり、当日2人そろってきてくれました。

日本でしか食べないような、お寿司やお好み焼き、お酒も日本酒や日本メーカーのビールなど、喜んで食べて飲んでくれました。

インド人の2人で話すときはたまに日本語じゃない言葉でしゃべっていたので、何を話していたのか今でも気になりますが、お酒も飲んで、インドの歌も歌ってくれて楽しませてくれました。

その後、インドへ帰ったのですが、それから半年くらいして、ハガキが届きました。結婚をするので招待したいという内容でした。3回くらいしか会ったことがないのに、結婚式まで呼んでくれて、親の人柄もあったんだと思いますが、親友になるのに日数は関係ないなと思いました。

行ったことのない国で、急なことだったので、結局行けずじまいですが、その後元気にしてるのかなと今でも思い出したりします。

海外の人とかかわることも、それ以来ほとんどないので、小学生と小さいながら貴重な体験をしたなと思います。

その時は小さかったので仕方ないですが、その後も英語が出来ればもっと海外の人ともっと会話が出来たのになと思うことはありました。

みんなでご飯を食べた時もお互いに通じないことは、インドの方でも英語が出来て、インドの言葉を教えてくれる時に、日本語だとなんて言っていいかわからい時に英語で教えてくれたりしました。

その時は私は理解できませんでしたが、大きくなってから駅で英語で話しかけられたことがあって、道を聞いているんだなとは聞き取れるけど、なんて答えたらいいのかわからないことがあったので、英語は世界の共通語なので、今からでも勉強しなおしたいなと思います。

コンビニでのドイツ人営業マンとの出会い

ドイツの営業マンとコンビニで知り合った体験。

学生時代コンビニでバイトしていた時のこと。そこはビジネス街でホテルも多く、外国人のお客さんも多く来られていました。

その中の一人にいつも缶酎ハイとパックの焼き鳥を買って帰られる白人の男性がいました。レジでお会計をした後はいつも「サンキュー」と笑顔で声をかけてくれるとても感じの良い方で今でもよく覚えています。

ある日仕事に入る前に店の前でたばこを吸っていると、その男性がいつものように買い物を済ませ店の前のベンチでお酒を飲み始めました。

当時私は外国に強い憧れを抱いていたので、その方と話してみたくなりました。英語なんて話したこともなく、英語のテストでいつも赤点だったばかりの私になんであんなに思い切りよく行動ができたかは未だに不思議です。

今ではインターネットなど色々と外国人との出会いの場もあるようですね。

気付いた時には片言の英語で「ハロー」と声をかけていました。向こうも一瞬戸惑ったものの、すぐに「ハロー」と返事をしてくれました。

そこからどこから来たのか、なにしに日本に来たのかなど本当に色々話しました。

彼はドイツから仕事で来ていて医療系の機材の営業をしにきたとのことで、次の日にはもう福岡まで行ってしまうようでした。

一人で日本に来たから話す相手もおらず寂しい思いをしていたらしく、それが嫌で毎日うちのコンビニで買い物をしていたそうです。

拙い英語で一時間くらいやりとりをして、なんとかお互いに楽しくコミュニケーションとっていましたが仕事の時間になり、私はさよならを伝えました。彼は仕事終わりに飲みに誘ってくれましたが残念ながら夜勤だった私はそのお誘いを断りました。

私との他愛もない話を本当に楽しんでくれ、会えてよかったと言ってくれたことが本当にうれしかったです。あれから彼とは会えませんでしたが私のように彼もまたこの時間を時々思い出してくれていたらいいなと思っています。

披露宴で知り合った白人留学生と社会人バンドを組んだ思い出

披露宴で知り合った白人留学生とバンドを結成しました。

私が社会人になって間もない頃、職場の同僚たちと一緒にアマチュアバンドを組むことになりました。きっかけは先輩社員の結婚式に招待され、披露宴の2次会で有志一同がお祝いの歌を贈ることになったからです。

カラオケなどを使って簡単に済ます方法もあったのですが、私は趣味でベースギターをやっており、有志の中にはギターが上手い人もいたので、どうせなら本格的にやろうということになったのです。

選曲のためのミーティングとスタジオでのリハーサルを数回行って本番に挑みました。パーティ会場は総勢40名くらいの熱気に包まれていて、私達の拙い演奏でもそこそこ盛り上がりました。

演奏した曲は洋楽ポップスの定番曲がほとんどだったのですが、ステージ後半あたりに一人の参列者がステージに上がってきました。白人の若い青年だったのですが、片言で「私も歌いたい」というようなアピールをしてくるのです。

私たちは一瞬戸惑ったのですが、どうやら新郎の知り合いでアメリカから来ている留学生らしいのです。その場の和んだ雰囲気も手伝って、ぶっつけ本番でやってみようということになり、残りのレパートリーのうち2曲ほどをその彼が歌ったのです。

そのパーティがきっかけで留学生の彼と親しくなり、話はとんとん拍子で進んで正式なバンドを結成することになりました。

月に1回ほどスタジオに入り、それぞれのメンバー好きな曲のカバーを練習しました。バンドのまとまりが出来てくると、ただスタジオで演奏するだけでは物足りなくなってしまい、ライブハウスで開催されている社会人バンド演奏会などに出演するようになりました。

メインボーカルの座を射止めた留学生の彼は飛び切り歌が上手いわけではなかったのですが、明るく社交的な性格で日常会話程度の日本語も通じましたので、観客を盛り上げることには長けていました。

面白かったのが、彼自身も熱狂してくると突然母国語に切り替わり、変なスラングのような言葉を叫びまくる癖があることでした。観客も私達自身もそれが面白くて、ステージでもついつい爆笑してしまったことが何度もあったことを覚えています。

その後バンド活動は約2年ほど続いたのですが、彼は本国に帰ることになり、私たちも仕事に埋没する日々が続いて自然消滅してしまったのですが、今でもみんな彼の個性的なお笑いキャラが忘れられず、時折集まっては思い出話に花を咲かせるのです。

ケンブリッジ卒のインテリオタクとのネット交流

ケンブリッジ大学卒業のインテリ・オタクとの交流。

しばらく無職生活をしていたころ、海外のオタク系画像掲示板に「日本人や日本通集まれ」という趣旨のスレッドが立っており、他のスレッドでみんな英語で歓談している中、そのスレッドだけ(かなり怪しいものも含めて)日本語の出来る者同士で会話をしていた。

私も「可愛い妹がいるから紹介してやってもいい」のような切り口で参加し、外国人の中でも一番日本語が出来そうな奴とメールアドレスを交換するに至った。

なんでもイギリスのケンブリッジ大学を卒業見込みで、日本にも何度か来ており、とりわけ日本の漫画やアニメの「通」だという。

向こうも卒論を出したばかりで暇そうで、日夜を問わず私のメールに嬉々として付き合ってくれた。時折漫画かアニメの名台詞を引用するのを分かってあげられなかったが。

これから犬の散歩に行く、とか、今日床屋に行ったら髪が薄いと笑われた、悔しい、というような内容で、しばらくメールの出し合いをしていた。

その内メールに書く事もだんだん込み入ってきて、向こうもメールだけではもどかしくなったのか、「スカイプのアドレス持っていないか」という話になった。

私用しているパソコンのスペックがしょぼいのであまり負担を掛けたくなかったが、実際やってみると少し重い程度で、会話もかなりスムーズになった。

ゲームのプログラムを組んだから見てほしい、絵を描いてみた、というような話で盛り上がっていたが、どうやら近々に京都大学に留学に来るらしい、という話になった。

日本にはすでに彼女がおり、東京住まいの私とも顔を合わせられるんじゃないか、とも言ったが、「恥ずかしいから」という理由でうやむやになった。

京都に引っ越してからもしばらくスカイプで話し込んでいたが、ある時を境に音信不通になった。卒業してから大手企業に勤務しているらしい。健闘を祈るばかりである。

初恋のブラジル人の女の子の甘い香り

私の育った愛知県は在日ブラジル人がとても多い地域でした。車メーカーなどの工場が多く、出稼ぎでやってくる人が大変多かったのです。家族を呼び寄せている人もおり、そのため小学校の頃からクラスに一人はブラジル人がいました。学校行事としてブラジルの文化を学ぶ交流会も行われ、彼らはごく自然な存在でした。

特に印象に残っているのは、彼らの抜群の運動神経です。同年代の日本人と比べると明らかに体格がいい生徒が多かったのを覚えています。足は速い、筋力も強い、持久力もある、中学生になると運動系のクラブからは引っ張りだこでした。

当然のようにサッカー部に集まるのかと思いきや、意外とバレー、バスケット、文化系クラブなど様々なクラブに所属していたのです。大きな誤解をしてました。ブラジル=サッカーと思いきや、どうやら彼らにとってサッカーが好きなのは当たり前だけど「ソレはソレ」ということだそうです。好きなスポーツはいくつもあり、やりたいスポーツもサッカーとは限らないとのことでした。

しかし、やはり運動神経は大したものです。プロスポーツでも助っ人外国人を呼び寄せる理由がよくわかりました。彼らは各クラブでエース級の活躍を続けます。私も何度か試合を見に行きましたが、よく目立っていたのはブラジル人生徒ばかり。運動音痴だった私は心底羨ましく思っていました。

また、女の子も可愛かったのを覚えています。私の初恋はブラジル人の子です。彼女は何だかわかりませんが、甘い匂いを漂わせた大人びた子でした。今はどこで何をしているのでしょう。思い出すと切なくなります。

思春期の体験というのは人生に影響を与えるものです。おかげで、今も私の好みのタイプの女性はラテン系の外国人です。

アメリカ人牧師夫妻が私を助けてくれた

私は中学生の時、学校へ行けなくなった事があります。その時はいつも家でぐったりと眠っていたり、祖母の代わりに近所のスーパーに買い物に行ったりする程度でした。

その時、小学校の時、時々学校に英語を教えにきてくれていたE牧師夫妻に偶然会いました。
最近の調子を聞かれて、困りながらも、学校にいけていない事などを相談しました。E牧師夫妻は「それなら私たちの教会においで。毎週日曜日に礼拝をしていて、色んな人が来るから」と声をかけてくれました。

この話を母に相談した所、「少しずつ前を向いて進む為には必要なのかもしれないね」と頷き、次の日曜日から私は教会にいってお話を聞くようになりました。

E牧師とその家族は、小さな港町でプロテスタントの教会を二十年以上運営しています。「あそこの年子の女の子二人は、私が担任だった事もあるんだ」と、母が懐かしそうに呟いていた事が印象的でした。

二十年以上も住んでいる為に日本語は問題なく、地域の方とも上手くいっている家族でした。
礼拝も日本語で行われ、日本人以外の町内に住む外国人や、小さな子供を連れたお母さんもいました。

礼拝の後には、皆で昼食をとります。色々な人種や国籍の人が、本当に色々な悩みを抱えて、それに向かって頑張っているのを毎週感じました。無理強いをせず、小さな前進も嬉しそうに聞いてくれるE牧師と夫人はとても優しい人でした。それから少しずつ、私は学校にも通い始めました。

今は大学を卒業して地元を離れてしまいましたが、時々E夫人から「元気ですか?」とメールが届く事があります。