ニュージーランドへの短期ホームステイは、今でも忘れられない楽しかった思い出です。

高校時代、修学旅行の一貫として、ニュージーランドに3週間ホームステイに行きました。

英語圏ですので、当時からすでに英語力の習得の為には良い旅行でした。

かつあちらの日本人に対する感情もよく、私自身もニュージーランドに対して悪いイメージはありませんでした。同じ島国という意味でも親近感もあります。

ホームステイ先のご家族達も、日本人慣れ、ホームステイ慣れしてたので安心してホームステイできました。

実際ニュージーランドに行ってみると、自然豊かで景観もよく、治安も問題ないのどかな所に思え、とても開放感を感じました。

私の場合は学生時代だったので、現地の学校に仮入学のような状態でしたが、短期でしたので授業を受ける事もあまりなく、実際には交流がメインで、勉強という側面はあまりありませんでした。

ホームステイ先の地域が、海の近くという事もあり、私が泊まらせてもらったホームステイのご家族は皆サーフィンをする人達でした。

文化系の私には少々ビックリしましたが、何度も海に連れて行かれ、人生初のサーフィンを楽しみました。海はとても綺麗でしたので、抵抗なく入れました。

まあただ食事にはビックリさせられました。

海外ではよくありますが、ホームステイ先でのお昼がファーストフードやジャンクフード、またお菓子だったです。

私自身はどれも大好きなので良いですが、お昼ごはんがポテトチップスだとか、フライドポテトオンリー等は普通の事でした。

別に自分の所だけでなく、現地のニュージーランド人の学生の持参のお昼等はそんなものが多かったです。

りんご丸ごとというのもありました(笑)。まさに食文化を体感した出来事でした。

でもそれに対して、夜は大変豪盛でした。

ドナルドダックを丸焼きにしたようなデカイ鳥も出てきて、ボリュームたっぷりな美味しい食事でした。

私自身英語力はあまりなかったので、辞書片手に会話をする事も多かったですが、ジェスチャーで何とか3週間乗り切りました。

意外と何とかなるもんだとも思いましたが、たぶんあちらが結構気を使ってくれたのでしょう。

思いやる気持ちを必ずしも外国人にできない事は結構あると思います。

そういった中でも、初対面かつ外国人である私達を温かく迎えてくれ、気持ちよくホームステイをさせてくれたので、とても良い思い出ができました。

機会があればまたニュージーランドに行ってみたいものです。