私は今年で33歳になりますが、20代前半から後半にかけてに三重県に住んでいた時代があります。この話は、28歳の時の職場で接した日系ブラジル人の方々の話になります。

その当時の職場には、日系ブラジル人が多く働いていました。

その会社はパソコンやハードディスクに使う精密な電子部品を作っていたのですが、その精密部品を作る製造現場で働く人らのほぼ8割が日系ブラジル人の男性でした。

日系ブラジル人の女性は、品質管理の仕事をしており、精密部品を顕微鏡で検査したり、社内基準に達しているかを確認するというのが主な仕事でした。

私は品質管理で、不具合品がどのような原因で発生していたのかを調べるチームにいたので、日系人の男性が働く製造の現場にも何度も出向いて作業の確認をしたり、再度発生しないための対策を考え、提案をするという作業もしたり、どのような内容の不具合品が出たのかを調べ、改善する仕事もしていたので、品質管理で働く日系人の女性とも頻繁にやり取りをしていました。

私が仕事に慣れるまでは、文字にしてしまうと伝わらないときもあり、そういった場合は図を書いて説明したり、日本語のわかる方を介して、作業の内容を依頼したりもしました。

慣れてくると、私も片言ながら、ポルトガル語を使って説明できるまでになりました。

私が接した日系ブラジル人の方々の性格として、とてもアットホームであり、とても明るい人が多かったのを思い出します。

そして、責任感は日本人よりもあり、しっかりした仕事をしてくれ、何度も仕事で助けてもらいました。

例えば、ブラジル料理専門店に呼ばれて、忘年会をしたり食事会をしたり。はたまたどこで知ったのかわかりませんが、私の誕生日プレゼントを用意してくれたときには、一人暮らしをしていた自分にとっては、私が子供の頃、両親かや兄弟らお祝いされたときの包み込んでくれるような気持ちにしてくれました。

その誕生日プレゼントは、マンボウのキャラクターの付いたZIPPOと吸殻セット・システム手帳と私の好みのものであったのも嬉しかったです。

実家の都合で仕事を辞めるときに、彼らに会いに行き、報告したときの残念がっていました。

そして、今までお世話になった方々にお礼にハグすることくらいしかできませんでした。

今でももっと別な形のお礼の仕方もあったと思いますが、もし彼らと再会出来るならば、ブラジル料理のお店で食事会でもしてみたいなと思っています。