カナダに居たときによく遊んだ外国人の友達とのことを書こうと思います。

あるところで知り合ったカナダ人なんですが、年も非常に近く考え方も似ていたのでよく遊んでいました。ある日その友人が家に招待してくれたので遊びにいきました。家はとても広く場所も都心から離れたところにありとても静かで住みやすそうな場所でした。

お昼ごろから行き、昼間は近くの公園でサッカーをしました。その友人の家に居候しているルームメイトとも仲良くさせてもらいました。近所の公園でサッカーをしていい汗をかいたあと、家に帰り夜ご飯をみんなで食べました。ピザを頼んでくれてみんなでビールを飲みながら夕食を頼みました。やはり欧米文化なので普通に夜もピザで済ませるという感覚が非常に新鮮でした。

お酒も進み、会話に花が咲きました。その日はその友人の家に泊まるということだったのですが、それには理由があり、以前から一緒にボードゲームをしようと約束をしていたのでみんなでボードゲームを夜遅くまで楽しみました。その友人はかなりのボードゲームマニアで二人して攻めても勝てなくてとても悔しい思いをしましたが、めちゃめちゃ盛り上がりました。

二人ともネイティブスピーカーなので僕の英語力でたまについていけないところもありましたが、僕に合わせて話してくれて会話も何不自由なく出来ました。その日は泊まらせてもらって次の日に帰ったのですが、感覚としては、何故か昔から一緒に居たような感覚に駆られました。国や言葉が違ってもやはりフィーリングが合う友達とは何か分かち合えるものがあるということを知り国境を越えた感じが何ともいえず今でも僕の心の中に眠っています。

またカナダに行く計画を今から立てていますが、なかなか資金面でうまくいかないのでこれから本格的に頑張っていこうと思います。またその友人に会いたいです。