子煩悩な中国人社員の楊さんとメールしてます

子煩悩な中国人社員

中国に生産ラインがあるので、よく中国から仕事の関係で中国の方が日本にきています。

日本語がわかる人もいれば、全然わからない人までいるので千差万別です。

いままでは直接話すような職場にしませんでしたが、最近職場が変わり、お会いすることがおおくなりました。

そのなかで楊さんという人がかなり日本語が達者で通訳もかねてよく日本にきている人がいます。

職場の人は良く知っているのですが、初めてでしたので、お互い探り合いながら会話をしていました。

もともと冗談がすきなので、日本ではやっているギャグやお笑いについて仕事をしている合間にしゃべっていたら、なぜか気が合うようになりました。

スマホを持っていたので、いいスマホを持っているねえと話すと、いきなり写真を見せてくれました。

3歳ぐらいの男の子です。

かわいかったので、かわいいですねえと話すとにこにこして休みの日は子供を連れて近所の公園に遊びにいっているとか日本と変わらない生活をしているようでした。

1週間くらい滞在して、中国に帰りましたが、仕事がらみですがよくメールが来るようになりました。

職場の人に聞くと味気ない文章しかこないとかいっていたので、日本の天気などを少しオーバー気味に中国語に翻訳して送ると、すぐに中国語の使い方がうまいという返事がきました。

そこでしばらく翻訳した文章でやりとりしていましたが、急ぎの要件があり、つい日本語のままメールを送りました。

すると達者な日本語で返信がありました。

日本語を書くことも慣れているようで、驚いたのと、こちらに合わせていたのかと感心してしまいました。

中国には一度も行ったことがないのですが、楊さんは来れば歓待してくれるといっているので、機会があれば行きたいと思っています。