初恋のブラジル人の女の子の甘い香り

私の育った愛知県は在日ブラジル人がとても多い地域でした。車メーカーなどの工場が多く、出稼ぎでやってくる人が大変多かったのです。家族を呼び寄せている人もおり、そのため小学校の頃からクラスに一人はブラジル人がいました。学校行事としてブラジルの文化を学ぶ交流会も行われ、彼らはごく自然な存在でした。

特に印象に残っているのは、彼らの抜群の運動神経です。同年代の日本人と比べると明らかに体格がいい生徒が多かったのを覚えています。足は速い、筋力も強い、持久力もある、中学生になると運動系のクラブからは引っ張りだこでした。

当然のようにサッカー部に集まるのかと思いきや、意外とバレー、バスケット、文化系クラブなど様々なクラブに所属していたのです。大きな誤解をしてました。ブラジル=サッカーと思いきや、どうやら彼らにとってサッカーが好きなのは当たり前だけど「ソレはソレ」ということだそうです。好きなスポーツはいくつもあり、やりたいスポーツもサッカーとは限らないとのことでした。

しかし、やはり運動神経は大したものです。プロスポーツでも助っ人外国人を呼び寄せる理由がよくわかりました。彼らは各クラブでエース級の活躍を続けます。私も何度か試合を見に行きましたが、よく目立っていたのはブラジル人生徒ばかり。運動音痴だった私は心底羨ましく思っていました。

また、女の子も可愛かったのを覚えています。私の初恋はブラジル人の子です。彼女は何だかわかりませんが、甘い匂いを漂わせた大人びた子でした。今はどこで何をしているのでしょう。思い出すと切なくなります。

思春期の体験というのは人生に影響を与えるものです。おかげで、今も私の好みのタイプの女性はラテン系の外国人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です