インド人のお客さんとの交流

空港が近くにできたことで、外国の方をよく近くで見かけるようになった頃、親のしているお店にたまたまインド人のお客さん2人が来たようです。

カタコトの日本語だったようですが、そんなお客さんがいたよと親が話してくれました。その頃私はまだ小学生でしたがよく覚えています。

その後、またお店に来てくれたようで、以前の親の対応がすごく気に入ってくれたようで、また、そのインド人の方は近い日にインドへ帰るとわざわざ伝えに来てくれたのです。

思い出にと、一回自宅に呼んでみんな一緒にご飯を食べようということになり、当日2人そろってきてくれました。

日本でしか食べないような、お寿司やお好み焼き、お酒も日本酒や日本メーカーのビールなど、喜んで食べて飲んでくれました。

インド人の2人で話すときはたまに日本語じゃない言葉でしゃべっていたので、何を話していたのか今でも気になりますが、お酒も飲んで、インドの歌も歌ってくれて楽しませてくれました。

その後、インドへ帰ったのですが、それから半年くらいして、ハガキが届きました。結婚をするので招待したいという内容でした。3回くらいしか会ったことがないのに、結婚式まで呼んでくれて、親の人柄もあったんだと思いますが、親友になるのに日数は関係ないなと思いました。

行ったことのない国で、急なことだったので、結局行けずじまいですが、その後元気にしてるのかなと今でも思い出したりします。

海外の人とかかわることも、それ以来ほとんどないので、小学生と小さいながら貴重な体験をしたなと思います。

その時は小さかったので仕方ないですが、その後も英語が出来ればもっと海外の人ともっと会話が出来たのになと思うことはありました。

みんなでご飯を食べた時もお互いに通じないことは、インドの方でも英語が出来て、インドの言葉を教えてくれる時に、日本語だとなんて言っていいかわからい時に英語で教えてくれたりしました。

その時は私は理解できませんでしたが、大きくなってから駅で英語で話しかけられたことがあって、道を聞いているんだなとは聞き取れるけど、なんて答えたらいいのかわからないことがあったので、英語は世界の共通語なので、今からでも勉強しなおしたいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です