ドイツ人女性と結婚して娘がいます

年齢は43歳です。職業はフリーランスで住まいはドイツになります。

東京で仕事をしてた時に海外出張(ドイツ語圏のスイス)が入り、基本的な会話程度を覚えるために会社命令で個人レッスンをお願いしたドイツ語の先生と恋愛に発展しました。

もともとは仕事のための語学学習だったので全然乗り気ではなかったのですが、何度か会ううちに日本人女性には少ない自分を飾らないフランクな感じ、屈託のない笑顔に惹かれ恋に落ちました。

一番の思い出は大晦日のカウントダウンパーティーでの出来事です。

それはとある年に新木場のナイトクラブで行われたカウントダウンパーティーでのこと。私がドイツ人の彼女と飲みながらフロアでキスをしながらおどけていると周りにいた数人の男が入れ替わり立ち替わり寄ってきて「すみません、オレもそこの白人とキスしたいんですけど、どうすればいいですか?」と聞いてくるではないですか。はじめは意味がわからなかったんですが、彼らは私のことをたまたまノリで白人女性にキスをしてる日本人男性だと思ってたようです。なので私が「あの、これオレの彼女だけど…」というとみんな慌ててどこかへ消えていっちゃいました。

結局、日本人男性にとっての欧米の白人女性というのは内面なんてどうでもよくて、見た目がオシャレな単なるおもちゃまたはペット(見せびらかすためだけの存在)と考える人が多いように思います。

彼女とのその後は結婚しまして今年4歳になる娘がおります。

欧米女性と恋愛したいと考えてる時点で必ず失敗します。なぜなら広島出身の女性と恋愛したいと言っているのと同じことなので。

つまり好きになった人がたまたま欧米の人でなければうまくいく訳ありません。なので欧米女性と恋愛したいと思ってる方がおられるならそれは恋愛ではなく人種差別です。まずはそんな貧相な発想しかできない自分を恥ずかしく思い、自分磨きからはじめましょう。そして国籍とか肌の色とかを超えて人を愛することができる自分を手に入れてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です